おもしろい本

読書案内サイト「こども図書館ドットコム」の別館ブログです。 サイトで紹介している本のネタバレコメントを受け付けます。絵本・ファンタジー・ミステリーなどが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『精霊の守り人』と『闇の守り人』追加

十ヶ月振りに、やっとサイト「こども図書館ドットコム」の更新ができました。

長かった~!!

以前から紹介したかった上橋菜穂子さんの「守り人シリーズ」です。

まずは『精霊の守り人』『闇の守り人』の2冊の説明ページを作りました。

精霊の守り人 (偕成社ワンダーランド)精霊の守り人 (偕成社ワンダーランド)
(1996/07/11)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


闇の守り人 (偕成社ワンダーランド)闇の守り人 (偕成社ワンダーランド)
(1999/01/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

 
各巻の説明ページの他に、『「守り人シリーズと作者について』のページも作っていますので、どうぞご覧ください。


とにかく、主人公のバルサがカッコイイ。
『「守り人シリーズと作者について』のページにたっぷり書きましたが、児童文学としては異色の主人公でもファンタジー好きならすぐに感情移入できて楽しめること、請け合いの物語です。

一作目の『精霊の守り人』はアニメにもなりました。

とてもレベルの高い仕上がりなので、この物語の世界が気に入って方には、お勧めです。
もちろん、原作にないりエピソードをかなり加えていますが、原作そのものの雰囲気はしっかり残しています。

PageTop

懐かしの『MASTERキートン』復活

なかなか時間が取れず、本サイト(「こども図書館ドットコム」)の更新ができずにいます。

サイトの新しい「目次」作りは、1ページずつの手作業で、それが何百ページもあって、少しずつ進めてはいますが、まだ更新は無理な状態です。

夜にパソコンに向かうのが無理なので、それがネックになっています。

それでも、寝る前などに、本はいろいろと読んでいます。

特に「ビックコミックオリジナル」は、私の長年の愛読書です。

今回の最新号から、以前に長期連載されていて、大好きだった浦沢直樹さんの『MASTERキートン』が復活しました。

タイトルは、『MASTERキートンReマスター』となっています。

オリジナル本誌には、「20年ぶり」と書かれていましたが、私の持っている単行本の最終巻(18巻)の奥付には、1994年10月1日に初版発行となっています。

MASTERキートン 8 完全版 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)MASTERキートン 8 完全版 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
(2012/02/29)
浦沢 直樹、勝鹿 北星 他

商品詳細を見る


本誌のコピーにあるように、内容は、「知的サスペンス」「学術サスペンス」です。

考古学と国際政治と軍事とが絡みあって、なかなか勉強になる上に、キートンの暖かい人柄が好きで、当時出版された18巻全部持っています。

現在では、『MASTERキートン完全版』としてリニューアルされて、再出版されているようです。

さて、予告を見てから楽しみにしていた『MASTERキートンReマスター』の第一回では、キートンは、最終回で発掘をしていたルーマニアの大学で講義をしているところから始まります。

少し白髪が出てきて、発掘していた最終回から10年後という設定でしたが、相変わらず相棒のダニエルに翻弄されていたりして、「帰ってきてくれた!!」という楽しい気分で読み始めました。

すぐに舞台は冒頭にちょっと出てきたイタリアへ飛び、人身売買組織に絡んだかなりヘヴィな物語になっています。

東日本大震災で大き過ぎる痛手をこうむった日本ですが、社会秩序などの点では安心できるので、日本に住む身としては、この第一回の物語を読んで、「こんなことが本当にあるのか~?」と思ってしまいました。

もちろん、フィクションではあるでしょうけれど、たぶんこういう「悪」は存在していると思います。

某国とか某某国では、警察が信用できないとか、賄賂で動くとか、権力者の手先とか、少し新聞や本を読んでいれば頭に入ってきます。

いろいろと考えさせられる、第一回でした。

次回のキートン登場は、5月とか。残念ながら毎回の登場ではないようです。

個人的には、キートンの娘の百合子ちゃんがどうなったかや、前のシリーズの最後に「来て下さい。」と呼びかけた妻が登場するかや、太平おじいちゃんが登場してくれるか、が気になります。

オックスフォード留学を目指していた百合子ちゃんのその後はどうしても知りたいので、彼女の登場も楽しみにして待ちたいと思っています。

まだ、というか前回のシリーズは若すぎて知らなかった、読んでいないという、考古学や世界情勢などに多少なりとも興味のある方には、お勧めのマンガです。

作品を貫くのは暖かいヒューマニズムですので、ハードな問題を取り扱っていて考えされられることはあっても、読後感は良い物語です。

MASTERキートン 8 完全版 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)MASTERキートン 8 完全版 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
(2012/02/29)
浦沢 直樹、勝鹿 北星 他

商品詳細を見る


アニメ化されたので、DVDも出ているようです。

MASTERキートン File1 [DVD]MASTERキートン File1 [DVD]
(1999/12/22)
傷@島邦明

商品詳細を見る


サイト「こども図書館ドットコム」もご覧ください。手づくりや季節の写真は、つれづれ日記で紹介しています。

ランキングに参加しています。できたらクリックお願いします。
FC2ブログランキン<br />グ にほんブログ村 本ブログへ blog-banner1.gif 
ブログ検索 ブログケンサクエンジン

PageTop

『タンタンの冒険旅行』シリーズ

ちょっと前になるけれど、本サイトは何回か更新していました。

FC2からのメールで、「~しないと更新できなくなる」みたいなお知らせがあったけれど、意味がよくわからず、そのままにしていたため、こっちの本ブログはもう使えないのかなとも思ってしまいました。

今日、恐る恐る開いてみたら簡単に更新できそうで、拍子抜けしています。

いつもパソコン関係は意味のわからない言葉に悩まされていますが・・・。

乱歩の「少年探偵シリーズ」は説明ページを作り終わって、「タンタンの冒険旅行」シリーズの残りのページをアップしました。


以前にアップしていた『なぞのユニコーン号』の映画が、この12月に公開されるそうで、楽しみです。

実写と聞いて期待していましたが、ちょっと調べてみたら、どうやら「3D」の方が中心になる映画みたいです。

先日、アップしたのは、『タンタン ソビエトへ』と『タンタンのコンゴ探検』と『タンタンとピカロたち』と『タンタンとアルファアート』の4冊です。

タンタン ソビエトへ (タンタンの冒険旅行 21)タンタン ソビエトへ (タンタンの冒険旅行 21)
(2005/09/30)
エルジェ

商品詳細を見る


タンタンのコンゴ探険 (タンタンの冒険旅行 22)タンタンのコンゴ探険 (タンタンの冒険旅行 22)
(2007/01/31)
エルジェ

商品詳細を見る


タンタンとピカロたち (タンタンの冒険旅行 23)タンタンとピカロたち (タンタンの冒険旅行 23)
(2007/12/15)
エルジェ

商品詳細を見る


タンタンとアルファアート (タンタンの冒険旅行 24)タンタンとアルファアート (タンタンの冒険旅行 24)
(2007/12/15)
エルジェ

商品詳細を見る


読書案内サイト「こども図書館ドットコム」に説明ページがありますので、そちらもどうぞご覧ください。

手づくりや季節の写真は、つれづれ日記で紹介しています。

ランキングに参加しています。できたらクリックお願いします。
FC2ブログランキン<br />グ にほんブログ村 本ブログへ blog-banner1.gif 
ブログ検索 ブログケンサクエンジン

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。