おもしろい本

読書案内サイト「こども図書館ドットコム」の別館ブログです。 サイトで紹介している本のネタバレコメントを受け付けます。絵本・ファンタジー・ミステリーなどが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

JINー仁

先月、家族を亡くし、その絡みでしばらく記事立てできませんでした。

やはり家族を亡くすということは、すべてに渡ってとても重いものです。

命についても今までよりももっと痛切に感じるものがあり、そういう気持ちのときに見たテレビドラマが『JINー仁』です。

JIN―仁 (第1巻) (ジャンプ・コミックスデラックス)JIN―仁 (第1巻) (ジャンプ・コミックスデラックス)
(2001/04)
村上 もとか酒井 シヅ

商品詳細を見る


このドラマの原作者は、ビッグコミックオリジナルに『龍ーRON』を連載していた村上もとかさんで、『JINー仁』と連載時期がバッティングしていたようです。

以前、NHKラジオの番組で、この『JINー仁』のことを話題にしていて、現代の脳外科医が江戸時代にタイムスリップするという話で、タイムトラベルものが大好きな私には、とてもおもしろそうなのでぜひ読みたいと思ってはいました。

その後、調べてみたら原作が10冊以上もあり、一気に読みたい癖のある私なので、全冊を購入するのはちょっとしんどいと思って、ちゅうちょしていたところに、テレビドラマ化。

時期が家族の死と重なってしまったので、複雑な気持ちではいましたが、見て良かったドラマでした。

とにかく、恐ろしい事件が頻発するこの現在の日本。

本当は、事件数そのものは増えてはいなくて、マスコミの報道の大きさ、多さで増えているように思わされているようですが、それでも目を覆いたくなるような事件が起きていることは確かです。

その中にあって、命の大切さを訴えているこのドラマが、私はとても気に入りました。

現在は6回目の放送が終わったところです。

主演の大沢たかおさんを始めとする俳優陣の演技もいいし、江戸時代という設定とは言え、敬語が新鮮です。

私は、いわゆるタメぐちとやらが嫌いなので、やはり相手の立場や気持ちを尊重する言葉の使い方を聞くのは気持ちがいいものです。

もちろん、「馬鹿丁寧」な言葉は逆に人をばかにしている場合もありますが。

それはともかく、最終回で、タイムスリップした医師の仁がどうなるのか、また物語全体の締めは、どうなるのか、とても楽しみです。

テレビの『JINー仁』のサイトはこちら。興味のある方はどうぞ。

JIN―仁 (第1巻) (ジャンプ・コミックスデラックス)JIN―仁 (第1巻) (ジャンプ・コミックスデラックス)
(2001/04)
村上 もとか酒井 シヅ

商品詳細を見る


私の読書案内サイト「こども図書館ドットコム」もどうぞ。

手づくりや季節の写真は、つれづれ日記で紹介しています。

ランキングに参加しています。できたらクリックお願いします。
FC2ブログランキン<br />グ にほんブログ村 本ブログへ blog-banner1.gif 
ブログ検索 ブログケンサクエンジン

スポンサーサイト

PageTop

Q.E.D.証明終了

最近、久しぶりにとても気に入ったドラマが、この『Q.E.D.証明終了』です。

     ドラマのサイト『Q.E.D.証明終了』

始めにこのタイトルを見たときに、「Q.E.D.」って、確か数学の問題を解くときに使ったような・・・と、はるか昔の高校生時代を思い出しました。

でも、そのときはリアルタイムの放送を見られなくて、1月31日と2月1日の2回分ずつの再放送のときに見ました。

なにしろ、1回分が42分か43分くらいらしいので、とにかく展開がスピーディーです。

そしてミステリーなのに雰囲気がとても明るくて、ミステリー小説の中でもとくに「コージー」という、明るくてユーモアのあるミステリーが大好きな私の好みでした。

謎解き部分での「証明」がいろいろな知識を駆使して意表を衝くものだったりして、知的欲求を満たしてくれて、とてもおもしろかったのです。

これは多分、謎の提示の部分がとってもスピーティーなので、視聴者はゆっくり謎解きをしている暇がなくて、感覚に訴えるという映像の特性もあって(本だったら、読むのを止めて途中でじっくり考えたりできるので)、数学の天才少年という主役のひとり、燈馬 想(とうま そう)君の謎解きがより鮮やかに感じられるのだとも思います。

そして、主役の二人のキャラクターが良くて、マンガが原作だというこの世界を、見事にいきいきと、現実感を持って映像化していると思います。

主役のひとり、水原可奈(「モーニング娘。」の高橋 愛さん)が、とにかく明るくて元気が良く、のびのびとしていて、はっきりとものを言う明るい女の子が好きな私の好みということもあるのでしょうが、もう一人の主役の燈馬君(中村蒼さん)の理知的な瞳と、可奈に押されながらも、彼女が窮地に陥ったときはいつも助けてくれる優しさを持ったキャラクターだということも、とても気に入りました。

高校生くらいの年令のカップルで、こういう雰囲気というのは、私の年令から見るととてもかわいくて微笑ましくて、昔よくあった、家族全員で楽しく見られるようなドラマだと思いました。

ミステリー小説歴40年で、ミステリー好きを自負する私ですが、最近はあまりこういう楽しいミステリードラマがなかったので、とても楽しみです。

10回で終わってしまうそうで、残念です。

燈馬想役の中村蒼さんのブログによると、もう10回目の収録は終わったそうで、ご本人も終わってしまったのが淋しいようです。

        中村蒼さんのブログ

今回のシリーズ終了後もまた、続編を作って欲しいものです。番組の掲示板にも続編要望の声が寄せられていました。


先週放送された6回目は、『賢者の遺産』とタイトルされたタイム・スリップもので、これまた40年近く前(いや、35年くらい前だっかたかな)にNHKで放送されていた、「少年ドラマシリーズ」を彷彿とさせました。

あの頃は、中学生くらいの主人公のSFもののドラマが、夕方の6時過ぎに放送されていて、私にはとても楽しみだったものです。後に原田知世さん主演で映画化された『時をかける少女』だって、先にこの「少年ドラマシリーズ」で、『タイムトラベラー』『続・タイムトラベラー』として制作・放送されたものでした。

『Q.E.D.証明終了』の6回目の『賢者の遺産』は、主役が高校生ということで、昔の『タイムトラベラー』よりは一歩進んだ(?)淡い恋模様の切ない場面があり、番組の掲示板にもその辺りの切なさに涙した、という意見が寄せられていました。

また、この種のミステリーで遺産がらみというと、物欲・金銭欲むき出しの骨肉の争いなどどいうドロドロした場面があったりするものだけれど、さすが明るいミステリーの『Q.E.D.証明終了』だけあって、そのような場面はなく、証明後の三兄妹のあり方もなかなか良かったと思います。

そして、携帯電話が小道具として効果的に使われていました。タイム・スリップ先が昭和9年ということで、携帯電話使用に関して、少々アラ探しっぽい意見が掲示板に寄せられていましたが、その辺りはドラマのご愛嬌ということでいいんじゃないかと思います。

このシリーズの1回目には、殺人場面の映像がありましたが、その他は血なまぐさいような場面はなくて、3回目などは学園祭準備の教室を荒らした犯人探し、というほのぼの系(?)で、でも知的スリルは味わえるし、恋の芽生えが絡むしで、学園ドラマの味わいがあったりして、見ていて楽しいのです。

明日の午後8時から(総合テレビで)、7回目の放送です。


このドラマの原作のマンガも殺人事件は少なくて、扇情的な色合いよりも、色々な題材を取り上げて、純粋に「謎を解く」という、知的欲求を満たしてくれる仕上がりになっているそうです。

このマンガは読んだことがなかったのですが、このドラマが気に入ったので、こちらも読んでみたいと思っています。

Q.E.D.―証明終了 (1) (月刊マガジンコミックス)Q.E.D.―証明終了 (1) (月刊マガジンコミックス)
(1998/12)
加藤 元浩

商品詳細を見る


アマゾンのレビューを読むと、原作もなかなか評判の良い作品なので、楽しみです。


サイト「こども図書館ドットコム」もどうぞ。

私の手づくりや季節の写真は、つれづれ日記で紹介しています。

ランキングに参加しています。できたらクリックお願いします。
FC2ブログランキン<br />グ にほんブログ村 本ブログへ blog-banner1.gif 
ブログ検索 ブログケンサクエンジン

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。