おもしろい本

読書案内サイト「こども図書館ドットコム」の別館ブログです。 サイトで紹介している本のネタバレコメントを受け付けます。絵本・ファンタジー・ミステリーなどが中心。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ビブリア古書堂の事件手帖

今日は、本サイト「こども図書館ドットコム」では紹介できない『ビブリア古書堂の事件手帖』について。

私のサイトは、児童書を中心に紹介しているので、このシリーズは、そのコンセプトに合いません。

でも、とてもおもしろいので、こちらで紹介します。

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)
(2013/02/22)
三上 延

商品詳細を見る


現在、このシリーズの本は、四冊出版されています。

一応、語り手になっている主人公の、狂言回し的存在の五浦大輔くんと、人見知りの激しい、しかし「本」の話になると異常に能弁になるヒロインの篠川栞子さん。

地味で、サスペンス的なドラマには縁遠いと思われがちな「古書」の世界に光を当てて、面白い推理劇に仕立てた作者の眼のつけ所と、力量が素晴らしいと思います。

また、「古書」に関するサスペンスと共に、出会って、巻を重ねるごとに進行してゆく、大輔くんと栞子さんの恋の行方も楽しみです。

(ま、四冊目に入るまでは、大輔くんの一人相撲という印象でしたが。)

作者は三上延さんという方ですが、私はこのシリーズで初めて知りました。

このシリーズの一冊目を読んだ時すぐに、「作者は本当に本が好きなんだろうな」と思いました。

丹念に資料を当たって、推理劇に仕立てたのでしょうか。人物も魅力的だし、ファンになりました。

特に自分の好きな本や、知っている本を取り上げられた時は、嬉しいものです。

個人的には、四冊目で江戸川乱歩の「少年探偵団」のシリーズや、BDバッジや少年探偵手帳を取り上げてくれて、ストーリー展開の大事な要素としてくれたのが、とても面白く、読んでいてわくわくしました。(栞子さんのような深い知識はありませんが。)

読書好きの人たちに受け入れられて、2012年の年間ベストセラー文庫で総合一位、ということも納得です。

ま、論より証拠。

まだ読んでいない読書好きがいたら即座に書店or図書館へどうぞ。

つい先日、終了してしまいましたが、この一月から、ドラマとしても放送されていました。

ドラマの栞子さんはショートカットだし、客と話す時も人見知りという感じではなく、いつも冷静で物静かで本に関しては博識。

大輔くんも、ドラマの方は、背は高いものの、原作からはもうちょっと体育会系の雰囲気を想像していたので、少し、違うイメージでした。

主役級ふたりのイメージが、最初はちょっと違いましたが、見ているうちにだんだんと慣れて、こちらはこれでまた、違う「ビブリア古書堂」でいいんじゃないか、と思いました。

原作では、橋の下に住んでいるはずの、せどり屋の志田さんが栞子さんの家に下宿(居候?)していたり、妹の文香ちゃんが弟の文也くんに変わっていたり。

原作にはない甘味処のオーナーがコミカルないい味を出していて、おもしろかったり。

映像化に当たって、監督以下スタッフのいろいろな工夫があったのでしょう。

まあ、私はもともと、原作と映像化されたものは別物として楽しめるタイプなので。

そして、ドラマで嬉しかったのは、原作では文章だけで想像していた古書たちの実物が見られたことです。

小道具のスタッフはきっと苦労したことでしょうね。

中でも一番嬉しかったのは、先に挙げた、乱歩シリーズの戦前の「少年探偵団」の本の実物や、BDバッジや、少年探偵手帳がTV画面であっても見られたことです。

これらは、以前、雑誌サライの江戸川乱歩特集で、写真が掲載されていて、実物を見たいと思っていたのです。

画面に写った時は、「わあ!!」と一人密かに歓声を上げました。

(「少年探偵団」のシリーズや、BDバッジ・少年探偵手帳については、私のサイトでも紹介ページがありますので、どうぞご覧ください。)

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)
(2013/02/22)
三上 延

商品詳細を見る


四冊目の著者あとがきによると、このシリーズも「そろそろ後半」だそうです。

完結時には、大輔くんと栞子さんも、読者の納得の行く結末であればいいなあと思っています。

スポンサーサイト

PageTop

天と地の守り人

昨日はどうやってもアマゾンの検索ができず、文字のみでアップした『天と地の守り人』

さっき再度挑戦してみたら、あっけなく検索できたので、アマゾンの画像をアップしました。

天と地の守り人〈第1部〉 (偕成社ワンダーランド)天と地の守り人〈第1部〉 (偕成社ワンダーランド)
(2006/11/17)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


詳しくは、本サイト「こども図書館ドットコム」の説明ページをご覧いただきたいのですが、この物語は、全三巻の堂々たるシリーズ完結編です。

それまでの巻に登場した多くの人物たちが絡み合い、この物語世界の人々の運命が決まります。

やはり大きな読みどころは、新ヨゴ皇国の皇太子チャグムの去就です。

聡明で心優しいがゆえに、より多くの苦しみを背負っているチャグムと、彼を実の息子のように想い続ける女用心棒のバルサの、行き着くべきそれぞれの運命を追って、読者は三冊の物語も長くは感じないと思います。

やはりこう来たか、と予想していた読者にとっても、その道のりは読み応えがあって、期待を裏切らないと思います。

個人的には、神の子とされている誇り高い新ヨゴ皇国の皇太子チャグムが、多くの民衆を救うために、その誇りを捨てるシーンが、一番印象に残っています。

「神の子」がここまでしたら、もう勝負は決まったようなもんだ!と。(あくまで個人的な思いです)

天と地の守り人〈第1部〉 (偕成社ワンダーランド)天と地の守り人〈第1部〉 (偕成社ワンダーランド)
(2006/11/17)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


本サイト「こども図書館ドットコム」の説明ページもどうぞ。

PageTop

神の守り人

本サイト「こども図書館ドットコム」に、上橋菜穂子の「守り人」シリーズの五作目『神の守り人』の説明ページを追加しました。

神の守り人<来訪編> (偕成社ワンダーランド(28))神の守り人<来訪編> (偕成社ワンダーランド(28))
(2003/01/22)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


三作目の『夢の守り人』と、四作目の『虚空の旅人』も追加していましたが、こちらのブログにまで手が回らずに、記事を作っていませんでした。

やっとこちらにも紹介、です。

『神の守り人』の舞台は、騎馬民族の国のロタ王国。

平原が広がっているという設定なので、作者がモデルに言及している訳ではありませんが、なんとなくモンゴルを連想します。

この国を主な舞台に、女用心棒のバルサと、幼馴染みのタンダが活躍します。

今回は、このシリーズの第二の主役のチャグムは登場しません。

その代わりに登場するアスラという少女は、宗教の絡むテロや、人種(民族)差別という、深刻な問題を具現化する存在です。

とてもドラマチックな上に、緊迫する展開のストーリーなので、チャグムが登場しなくてがっかりしたファンにも、堪能してもらえる物語です。

初の上下巻で、上巻には来訪編、下巻には帰還編と付記してあります。

本サイトの『神の守り人』の説明ページもどうぞ。

神の守り人<来訪編> (偕成社ワンダーランド(28))神の守り人<来訪編> (偕成社ワンダーランド(28))
(2003/01/22)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。